袋帯

袋帯のおすすめの使い方を伝授します

着物は色合いやデザインが豊富に存在するだけでなく、礼服としてフォーマルな場に着用して行く物や日常的に気軽に着用出来る物まで様々な物があります。だからこそ着物を着用する際は、そのシーンに合わせた物をきちんと選んで着用する必要があるので注意すべきです。幾らお気に入りの着物でも、その場にそぐわない物を着用して行くとマナー違反となるケースがあります。特に礼服としてフォーマルな場に出向く際は、着物選びは重要です。着物を着用する際は、着物だけでなく帯もきちんと選ぶ必要があります。というのも帯には様々な色合いやデザインの物だけでなく、格式の高い着物に向いている物や普段使いの着物に向いている物があるので注意が必要です。袋帯は帯の中では格式の高い帯となっています。

おすすめ出来る使い方として覚えておきたい事とは

袋帯の魅力は何と言っても使い勝手が優れており、活用し甲斐がある事です。というのもこの帯は礼服として用いる様な格式の高い着物と合わせられるだけでなく、普段使いの格式の高くない着物にも使用可能だったりします。1番に格式の高い帯と言えるのが表と裏の両方に柄が入っている丸帯ですが、この帯は裏を無地にする事によってその分軽く織られる帯です。幾分軽く織られている分だけ、普段使いにも出来るという幅の広い用途が実現出来ます。確かに袋帯は普段使いだけでなく、礼服にも使えるため使い勝手が優れた帯です。ですが礼服として使用する際には、帯の質にも拘って使用する必要があります。礼服用の着物は質が高い分だけ、普段使いする様な質が悪い帯で結ぶとバランスが悪い着こなしとなる可能性が高いです。そのため礼服用には、質の高い帯をきちんと選んで使用する事をおすすめします。

帯を選ぶ際に失敗したくないなら

袋帯等の帯を選ぶ際に注意が必要なのは、長さの問題です。着物を着用して帯を結ぶ際にはその人の体型や結び方により、必要な帯の長さは違って来ます。ですが帯というのは厄介な事に、正式な長さというのは決まっていないため選ぶ帯により長さに違いがあります。ただし現代の帯だと様々な体型や結び方に対応すべく、十分な長さを確保しているケースが多いです。厄介なのは古い帯を敢えて使用するケースであり、この場合は長さが短過ぎる恐れがあるので注意しなければなりません。帯選びに失敗しないために重要なのは、着物とのバランスを取る事です。礼服としてフォーマルな場に出る場合は、着物との統一感を意識して帯を選ぶ必要があります。古典柄の着物の場合は同じく古典柄の帯を選んだり、着物と同色系の帯を選ぶといった形で統一感を出す方法が無難です。