袋帯

袋帯を魅力的に使いこなすポイント

着物というのは様々な色合いやデザインの物があるだけでなく、礼服の様に格式の高い物もあれば特に畏まった場でなくても着用可能な物があったりする等、かなり幅広く存在しています。着物を結ぶ帯も同様であり、色合いやデザインに加え格式の高い物から普段使いの物まで豊富に存在しているため、初心者はどの帯を選ぶべきかで迷うケースは少なくありません。袋帯もそんな着物を結ぶ帯の1種であり、帯の中では比較的格式の高い物です。帯で1番格式が高いとされているのが丸帯ですが、この丸帯は表にも裏にも模様があります。ですがこの帯は、裏を無地にする事により丸帯よりも少し軽く織られた帯という扱いです。丸帯よりも格式は劣るものの帯の中では高級品として扱われるケースが少なくないので、格式の高い着物にも利用出来ます。

この帯を活用する際に注意すべき事

袋帯の利点は礼服等の格式の高い着物に着けるだけでなく、柄さえ抑えれば特に格式の高くない日常使いの着物にも活用可能な点です。非常に活用の幅が広いので、この帯を1つ持っていれば複数の着物に合わせる事も可能だったりします。帯の中でも非常に使い勝手が良く、活用の幅は広いので便利です。ただし格式の高い着物に合わせる際には、帯としての質も合わせて拘る必要があります。特に礼服は畏まった場で着用する事になるので、帯の質が悪く安っぽいと幾ら着物の質が高くてもバランスの悪い着こなしとなり浮いてしまう可能性が高いです。袋帯が普段使いの着物にも利用出来るとはいえ、格式の高い着物にはそれに合わせた帯を選ばなければなりません。更に質が高い帯はデザインや色合いが優れているだけでなく、帯の結び易さや崩れ難さという利点も得る事が出来ます。

上手に着物を着こなすための帯の選び方とは

着物を上手に着こなすには、結ぶための袋帯を如何にして選ぶかが大事です。帯を選ぶ際に忘れがちなのが帯の長さであり、帯の長さは正式な基準がないので選ぶ帯により長さが違う事もあります。しかも着用する人の体型や結び方により、必要な長さが違って来るので厄介です。もっとも現代の帯はアレンジ可能な長さを十分に確保しているので余り気にする必要はありませんが、古い帯を敢えて選ぶ場合は短い物もあるので注意しなければなりません。着物の着こなしで重要なのは、統一感を出す事です。特に古典的な柄の着物には同じ様に古典的な柄の帯を選んだり、現代風のデザインの着物に対しては現代風の柄の帯を選ぶという形で着物と帯のバランスを考え着用するという方法が無難だったりします。特に初心者は独自色を出そうと無理にアレンジしようとすると、バランスが悪くなるので特に統一感を意識すべきです。