袋帯

一つは持っておくと便利に使える袋帯

着物と同様に帯にも様々な種類の物が存在していて、素材や形状等に大きな違いがあります。帯に違いがあるという事は、必然的に着物によって選ぶべき物も違って来るので注意が必要です。そもそも着物には、礼服として格式の高い物もあれば特に畏まった場ではなくても気軽に着用可能な普段使いの物が存在しています。帯もそんな着物に合わせる形で合う物を選び出すというのが、重要です。袋帯はそんな帯の中でも、比較的格式が高くフォーマルな場で着用する着物と合わせる形で身に着ける事が出来る帯の1つとなっています。特徴としては帯の中では1番に格式が高い丸帯を簡略化した物であり、丸帯には裏も表も模様が入っているものの、この帯は裏を無地にする事で丸帯よりも軽く織られた帯という扱いです。

活用する際に押さえておきたい事とは

袋帯は格式の高い帯の1つであるものの、礼服等のフォーマルな着物以外にも用いる事が可能な点が非常に便利だったりします。それこそ着物と柄さえ合っていれば、普段使いの格式の高くない着物にも使用する事が出来るので使い勝手の優れた帯です。用途の幅が広い帯であるために、所有していると非常に便利に活用出来ます。ただし礼服用にも活用を考えているなら、出来るだけ格式の高い袋帯を選ぶべきです。フォーマルにも普段使いにも使用可能とはいえ、やはり格式の高い着物と合わせるには帯自体の質にも拘る必要があります。質の高い帯は見た目のデザインが鮮やかだったり優れているだけでなく帯が結び易かったり崩れ難いという利点もあるので、礼服用にも活用したい帯を選ぶ際には質の高い帯を選ぶべきです。

着物に合った帯を選ぶコツについて

着物を上手に着こなすためには、着物に合う袋帯をきちんと手に入れる事が大事だったりします。そもそも帯の長さというのは、正式な基準はありませんが現代の帯は十分な長さが確保されているケースが多いので長さを気にする必要はないです。注意が必要なのは古い帯を購入する場合で、このケースだと長さが短い場合があるので長さをきちんとチェックする必要があります。着物に合う帯を選ぶポイントは、統一感が出る様に意識する事が大事です。具体的には古典的な柄の着物であったら帯も古典的なデザインの物を選び、現代風のデザインの着物には帯も現在風なモダンな柄を選ぶというやり方で統一感を意識します。更に着物や帯のデザインに合わせる形で、草履やバッグといった持ち物も選ぶ事が出来ればより統一感が出て上手に着物を着こなす事が可能です。

常時1万2千点を超える品揃え、総勢10名のバイヤーによる仕入れ力があります。 当社は、多くの着物ファンのお客様に満足して頂けるよう、小物を含め幅広い品数をそろえ、トータルコーディネートをサポートします。 ご予約の上ご来店の方にもれなく…創業1803年(享和三年)、京菓匠「鶴屋吉信」の「花せんべい」をプレゼントします。 袋帯をお求めの方へおすすめの情報です!